ダイエット開始
始める前に知って起きたい言葉と意味を並べました。


体脂肪率とは?
体脂肪率とは体重に占める脂肪の割合で、体内の脂肪状態を数値として知ることができます。一見スリムな人が実は骨や筋肉が少なくて体脂肪率が高かったり、太って見える人が逆に適正と判断されることもあります。

筋肉率とは?
筋肉率とは体重のうち、筋肉量(筋肉の重さ)の占める割合です。
筋肉率を高めることで、筋力が増加し、より活動的な生活を送ることが可能となります。
また、筋肉率の増加は基礎代謝の増加にもつながり、カロリーを消費しやすく太りにくい体質になります。


BMIとは?
FBIみたいな言い方ですが、BMIは体重指数のことで、体重÷身長÷身長で算出される体重(体格)の指標である。疾病との関連からこれに着目し疫学的に調査研究したTokunaga et al(1991)は、それが約22(kg/m/m)においてもっとも有病率が低くなるという結果を得、それぞれの身長においてBMIが22となる体重を「理想体重」とする(呼ぶ)ことを提案している。
BMIを測定する♪
17.6以下やせすぎ
19.8以下やせ気味
22 理想体重
24.2以上過体重
26.4以上肥満

基礎代謝とは?
基礎代謝は、生命を維持するために必要なエネルギーで、通常1日の総消費エネルギーの約70%を占めます。基礎代謝量が多い人は脂肪が燃えやすい体、少ない人は脂肪が燃えにくい体と言われます。基礎代謝は筋肉を中心に消費されますから、同じ体重でも体脂肪率が低く筋肉量の多い人の方が基礎代謝は高くなります。
基礎代謝が高い燃えやすいタイプ
筋肉の多いアスリート型の人は燃料(脂肪)をどんどん消費するフル活動の工場
基礎代謝が低い燃えにくいタイプ
筋肉の少ない肥満の人は燃料(脂肪)たっぷりなのに少ししか使わない半休業状態の工場

内臓脂肪とは?
内臓脂肪は腹腔内の内臓の隙間につく脂肪で、皮下脂肪よりも生活習慣病の起因となりやすいものです。そのため、内臓脂肪の状態をチェックすることは、生活習慣病を予防する上で大切な目安となります。
[戻る]